ホーム
0
Facebookリニューアル!Follow Me♪
カート
お買いもの
読みもの レシピ
ユーザー
  • ホーム
  • [オーガニック] マスター・オブ・リネンについて知る。知って損する事はない。
マスター・オブ・リネンについて知る。知って損する事はない。




 
Text/夫


 
マスター・オブ・リネン
 
「マスター・オブ・リネン」とは何者なのか
 

生地のリネンが好きな人、手をあげて!

Aさん「はーい」 Bさん「はーい」 Cさん「はーい」



では、マスター・オブ・リネンが好きな人、手をあげて!

Aさん「?・・・」 Bさん「?・・・ブランド?」 Cさん「・・・何それ・・」


となる事、必至の「マスター・オブ・リネン」
日本ではほぼ認知ゼロに近いんじゃないでしょうか。

「マスター・オブ・リネン」はCELCっていう産業団体が認定している商標で、要するにちゃんとした人が栽培して、ちゃんとした人が生産して、ちゃんとした人が検査してるから、ちゃんとしたリネン製品ですよと証明してくれるものです。
栽培、生産、検査まで全てCELCのメンバーでないといけません。さらに、縫製の縦糸横糸が正しいか、染めた色はどれくらい落ちにくいか、生地の耐久性や縮み具合まで、これでもかと検査されるそうです。
もちろん、デザイン性に関しても専門の部署を作ってしっかりと管理されてます。

という事で「マスター・オブ・リネン」のタグがついていれば、良いものであると言えるんじゃないでしょうか。




 
マスター・オブ・理念


そこは良いとして、このCELCの「リネン」だけではなく『理念』にクフウヤとしてはシンパシーを感じていまして。
「リネンは生物分解性なので、完全にリサイクルが可能」ということがCELCの言いたいポイント。
生物分解性っていうのは、ポリエステルとかと違って、微生物の力で分解されて自然に帰ることができるという事で、大雑把にいうと、天然素材だから土に埋めておけば自然に帰ってくれるといった感じです。


あとは、『エコロジー』。
農薬は使いません!と言いたい所なのでしょうが、実際には少ない農薬で栽培しているみたいです。リネンは農薬が少なくても育つようで、「少ない農薬で育つリネンは良いんだよ!」という事です。農薬ゼロのオーガニックリネンももちろんあるんでしょうが、農薬が使われていても「マスター・オブ・リネン」の認証をしてくれます。
でもまー、使う農薬が少ないし、土壌を汚さないから、そこで育つものは良いものであり続けるという事でみんなハッピーにという感じです。


クフウヤで扱っているもので、このマスター・オブ・リネンの称号を授かっているブランドは「ラプアンカンクリ」。確かに物が良い。


そんな感じで、皆さんも今日から「マスター・オブ・リネン」博士。
でも「ねえ、マスター・オブ・リネン知ってる?」とあちこちにふれて回ると友達をなくすかもしれないのでくれぐれもご注意を。




犬もよろこぶ、マスター・オブ・リネン




 
Text/夫
 








 

新着商品

  • Lapuan Kankurit / ESKIMO プレースマット
    2,100円(税抜)
    ラプアンカンクリのプレースマット、ESKIMO。実はアイスクリームの棒がモチーフなんです。
  • Swedish Craft / カッティングボード 40cm
    5,800円(税抜)
    スウェディッシュクラフトのカッティングボード。ラフな作りがステキな使えるまな板。
  • Swedish Craft / カッティングボード 24cm
    3,600円(税抜)
    スウェディッシュクラフトの小さめカッティングボード。手作りのいい意味でのラフな作りがイイんです。
  • Swedish Craft / コーヒースプーン
    800円(税抜)
    スウェーデンから届いた、ポテッとしたアルダーの木のコーヒースプーン。ちょっと明るめの木目がいい感じです。
  • LAPUAN KANKURIT|SADE
    2,600円(税抜)
    ラプアンカンクリのリネン、SADEシリーズ。
    リネンケットとハンドタオルを2カラーで。
  • DANSK|ダンスクの鍋
    5,000円(税抜)
    ダンスクの鍋。
    バターウォーマー、ソースパン、キャセロール(両手鍋)の3種あります。